genuine style

genuine style

サラリーマン視点でビジネスファッションを学んでいます

「レイマー」ダブルモンク、購入後2ヶ月の靴磨き

8月に購入した「レイマー」のダブルモンクも、購入から2ヶ月が経過しました。クールビズ期間に黒靴を履く機会が少なく、2ヶ月間で履いた回数は5回ほど。

手持ちの靴は、10回ほど履いたら(週1回で2ヶ月程度)クリームを使った靴磨きをしていますが、レイマー「ダブルモンク」は少しタイト気味のフィット感のため、革を柔らかくする効果も期待して、クリームを使った靴磨きを行いました。

 

genuinestyle.hatenablog.com

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

f:id:blackbelt_h:20191019141358j:plain

まずは靴の内側から。5回ほど履いたインナーは除菌ウエットシートで拭いたあと、少しきつめに感じる履き口や甲の内側にデリケートクリームで保湿。履き皺の下あたりを重点的に塗っています。

 

f:id:blackbelt_h:20191019143706j:plain

シワを伸ばす目的で、磨く時はバネ式のシューツリーを使っています。軽くワックスを塗っているつま先は、ハイシャインクリーナーを使用。ワックスを落としたあとは、サフィールのレノマットクリーナーで全体の汚れ落とします。

 

f:id:blackbelt_h:20191019144444j:plain

画像の左側、右足だけレノマットリムーバーで拭き上げ後の比較。汚れやクリームが落ち、全体的にツヤが無くマッドな感じになっています。

 

f:id:blackbelt_h:20191019144743j:plain

両足分の拭き上げに使った布の比較。下がハイシャインクリーナーでつま先のワックスを、上がレノマットリムーバーで全体を拭き取った布。

ハイシャインクリーナーの、ワックスを落とす効果が高いことが判ります。レノマットリムーバーは、使用後15分ほど乾燥時間を空ける必要があります。

 

f:id:blackbelt_h:20191019145544j:plain

レノマットリムーバーが乾燥したら、保湿目的で薄くデリケートクリームを全体に塗り、ブラッシングでなじませます。蝋分の少ないデリケートクリームでも、十分ツヤがありキレイな靴に見えます。

 

f:id:blackbelt_h:20191019150100j:plain

黒の乳化性クリームを、これも薄く全体に塗布。全体的にツヤが無い状態になったら、乾燥時間は空けずにブラッシングでクリームをなじませ、布で拭き上げをします。

 

f:id:blackbelt_h:20191019150441j:plain

布で拭き上げ後。布に付いたクリームはごく僅か、薄塗りをしていることが判ると思います。

 

f:id:blackbelt_h:20191019150725j:plain

グローブクロスを使いさらに乾拭き。少量のクリームで十分ツヤがあるキレイな靴になりました。つま先はもう少しツヤがある方が好みのため、ワックスでさらに磨いていきます。

 

f:id:blackbelt_h:20191019151128j:plain

ワックスを薄塗り(一層)した状態。つま先はまた曇った表情になりますが、ここから水で湿らせた布で磨いていきます。

 

f:id:blackbelt_h:20191019152957j:plain

両方合わせ5分ほどで、ツヤのあるつま先になりました。革のキメが判る範囲の光沢感、鏡面にはしていません。

 

f:id:blackbelt_h:20191019153248j:plain

仕上げに山羊毛ブラシでブラッシング、全体的にツヤが増しているのが判ると思います。今回はレノマットリムーバーの乾燥に15分開けたので、掛かった時間は両足で45分ほど。

 

気温も下がった10月下旬。ビジネスファションはスーツスタイルが増え、黒靴を合わせる機会が増えてきました。足馴染みも進み、ビブラムソールで雨に強い靴。これから履く回数も増えると思います。

 

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

仕上げに山羊毛ブラシでブラッシングがオススメです 

 
プライバシーポリシー