genuine style

genuine style

サラリーマン視点でビジネスファッションを学んでいます

スーツスタイルのクールビズ、合わせる靴や靴下は?

全国に発令された緊急事態宣言も解除になり、クールビズスタイルでの通勤風景が始まりました。

 

例年と比べると通勤時間帯の電車は空いているので、座席に座っている人の足元がよく見えるのですが、スーツの上着(ジャケット)を脱いだノーネクタイスタイルに、足元だけ変に崩したクールビズスタイルを今年もチラホラ見かけるようになりました。

 

例えばデザインがカジュアルな、しかもお手入れをしていない汚れた茶色の革靴に、くるぶし丈のソックスの組み合わせ。座っていると、すね毛まで丸見えに・・・。 

 

クールビズだからと遊び心を出さず、スーツスタイルの時と同じ革靴と靴下なら違和感が無いのに、もったいないと感じます。 

どうしてもその靴と靴下を履きたいなら、例えばチノパンとポロシャツのオフィスカジュアルスタイルにすれば、違和感がなかったと思います。 

 

ちなみにクールビズになると、白靴下の人もチラホラ見かけるのは不思議。それも年配の方に多いと感じるのは気のせいでしょうか。

 

f:id:blackbelt_h:20200526201802j:plain

あくまでイメージ画像です

 

梅雨明けくらいから、もう少し暑くなると見かける素足スタイル。ビジネスシーンではありなのでしょうか?

 

f:id:blackbelt_h:20200528133649j:plain

こちらもイメージ画像です

 

少なくともスーツを着る必要のある職場ならば、クールビズ期間もスーツ用のパンツ(ズボン)または単品のスラックスが一般的。

ならば素足スタイルはNGになると思います。(もちろんカジュアルデーを設けていたりする職場は別ですが) 

 

ビジネススタイルは全身に統一感があることが大切で、ノージャケットにローファーなど、紐無しの靴を合わせるにしても足首が隠れる靴下(出来ればホーズ)を履けばキチンとしたスタイルになると思います。 

 

ところでジャケパンスタイルではなく、スーツスタイルのクールビズに合う着こなしならば、ドラマ『相棒』で反町隆史が演じる「冠城 亘」スタイルが参考になると思います。

 

f:id:blackbelt_h:20200528101215j:plain

gqjapan

 

相棒 season17 ブルーレイBOX (6枚組) [Blu-ray]
 

 

 「冠城 亘」は通年ノーネクタイのスーツスタイルで、シャツの第一ボタンを外しています。シャツの襟はノーネクタイ定番のボタンダウンではなく、ワイドまたはセミワイド、襟がきちんとたっているので、だらしない感じがありません。

 

柄のない無地のシャツを着ていないのもポイント、靴もカジュアルな感じのない黒の紐靴に、ポケットチーフを使っていないのもビジネスシーンには好印象。殺し屋「ジョン・ウィック」にも通ずる、小細工をしないシンプルなスタイルです。 

 

日本のドラマでも「半沢 直樹」や『集団左遷』の「片岡 洋」は、やはり無地のシャツですね。

 

f:id:blackbelt_h:20200528131916j:plain

 

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

ありがちなノーネクタイのスーツスタイルも、サイズのあったシャツや磨かれた靴、すね毛が見えない長さの靴下など、基本的なことに気を配ればきちんとした、結果的におしゃれなクールビズスタイルになると思います。

 

 柄のあるシャツやクールビズ用の単品パンツ(スラックス)は少しカジュアル感があり、足元も黒より軽い感じになる茶靴がバランスを取りやすいですが、間違いなのはダークブラウンやミディアムブラウン。 

ライトブラウンやベージュなど色の薄い靴は、足元が軽くなり過ぎると感じます。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

クールビズはカジュアルな雰囲気があり、独りよがりな相手を考えないファッションになってしまう恐れがあります。

 

ビジネスマナーとしてのファッションでなければ、自分の第一印象が悪くなるだけでなく、相手を不快にしてしまうかも。相手がどう感じるかを意識すると、自然に遊びのないビジネスシーンにふさわしいスタイルが出来ると思います。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 人気の革靴「レイマー」の直販サイトです

 

リーガル(REGAL)とシェットランドフォックスの違いは? 3万円台の靴を比較

靴のリーガルコーポレーションの取扱ブランド、リーガル(REGAL)とシェットランドフォックス(SHETLANDFOX)。

リーガルの上位ブランドがシェットランドフォックスになるますが、予算3万円台後半の靴ではリーガルは高価格帯、シェットランドフォックスではエントリーモデルの違いはありますが、それぞれのブランドの靴を選ぶことが可能です。

ところで同程度の値段の場合、両ブランドの靴には違いはあるのでしょうか?レザーソールでヒールは革の積上げ+ラバーリフトの、共通点のある二足を比較してみました。

比較した靴は、リーガルのDRシリーズの04MRCF(税別36,000円)と、シェットランドフォックスはバーミンガムシリーズの040F SF(税別39,000円)です。

 

f:id:blackbelt_h:20200517121703j:plain

左:リーガル04MRCF(サイズ26.0) 右:シェットランドフォックス 040F SF(サイズ8)共にウィズ2E

 

 

リーガルのDRシリーズ、シェットランドフォックス(以下SF)のバーミンガムは、共に同じシリーズでストレートチップやプレーントゥ、フルブローグなど複数のデザインが選ぶことが出来ます。(バーミンガムは終売モデル)

 

genuinestyle.hatenablog.com

  

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

まずは使われている甲革(アッパー)を比較します。

リーガルDRシリーズはアノネイ社のカーフが、SFのバーミンガム国産の牛革の使用と紹介されています。

f:id:blackbelt_h:20200517135448j:plain

アノネイカーフは肌理の細かい透明感のあるつやに魅力があり、オーダーシューズなどでも人気がある有名なアッパー素材、甲に入る皺も繊細なのが特徴的。水染みの跡が付くために雨の日には履かないようにするなど、大事に扱う方が多い革と思います。

バーミンガムシリーズの国産カーフは、茶色のため水に濡れると染みになりますが、乾くと判らなくなり、少し大味な履き皺にはなりますが、あまり気を遣わなくてすむ扱いやすい革と思います。

1日履いた後の靴は、DRシリーズのアノネイはシワ感が少なくきれいな見た目ですが、国産カーフのバーミンガムは履き皺がわりと目立つと感じます。
 

次は靴の内側(インナー)を比較、共に内張(ライニング)を含め全てレザー仕様になっています。

f:id:blackbelt_h:20200517142004j:plain

DRシリーズはベージュの中敷きに金で印字された「REGAL」ロゴ。あまり目立たなく特別感もない中敷きと思いますが、日本のビジネスシーンでありえる靴を脱ぐ場面で、嫌みがないようにデザインがされているのかもしれません。

バーミンガムシリーズは黒の中敷きに同じく金で印字された「SHETLANDFOX」ロゴ。DRシリーズと比べると、高級感があるよう企画されているようです。

ソールの比較。共に縫い糸が見える(オープンチャネル)オーソドックスな仕上げとなっています。(04MRCFはつま先をゴム補強済み)

ソールの減り方は同じくらい、同じ素材(革)かもしれません。(栃木レザー?)

f:id:blackbelt_h:20200517144243j:plain

ヒール(踵)は共にラバー製のトップリフト。それぞれ「REGAL」「SHETLANDFOX」のロゴ入り、ヒールの減り方も同じぐらいで、やはり同じ素材のようです。

レザーソールもビジネスシューズとして履くなら、ヒールは滑りづらいラバー仕上げが適していると思います。

f:id:blackbelt_h:20200517144625j:plain

靴の仕上げや機能性から選ぶなら、どちらを選んでも満足感がある良い靴と感じます。

リーガルDRシリーズは、アネノイカーフやヤハズコバなど判りやすい高級感があり、リーガルを履いているユーザーが(僕も含めて)頑張って買って(履いて)みたくなる靴。

SFのブランドイメージ的には、もう少し高価格帯をメインにしたいのではと思いますが、3万円台の入門価格帯でも見た目の高級感や、独特の履き心地などが味わえるように企画されているのかもしれません。

僕はビジネスシーンで履く靴はこの価格帯(3万円台)で満足しているので、本来メインにしたいはずのSFの靴は判りませんが、選択肢が多いのは良いことだと思います。

 

ここからは木型(ラスト)やデザインの違いがあるので、あくまでリーガル04MRCDとSF040Fの履き心地になります。

靴の全長は同じくらいで捨て寸は同等、甲の高さは04MRCFは高めで040Fは低め。共に靴幅(ウィズ)2Eですが、04MRCFは僕の足幅にちょうど良く朝の履き始めが楽です。

甲が低いためか履き始めはタイト感がある040Fですが、足が靴の中で前に動きづらいようで、夕方になっても小指の付け根が痛みは感じません。

SFの木型の特徴、靴のセンターを約8mm~10mm移動させることにより、より足に自然な履き心地になり、足の負担を軽減することや、足の丸み(踵骨)に合わせた踵設計。踵部の座りが向上。座りが良くなることにより、フォールド性が向上するなどが、どの程度採り入れられているかは不明ですが、040Fは足にフィット感があり歩きやすいと感じます。

共に外羽根プレーントゥのためか、はき始めは踵が少し浮く感じがあります。少し歩くことで踵はフィットするようになりますが、040Fの方が04MRCFより早く踵が浮く感じが無くなる傾向があります。
 
SFの3万円台のシリーズは、リーガルでラインナップが少ないダイナイトソールの靴も選ぶことが出来ます。

 

リーガルDRシリーズと雨の日も履けるSFのラバーソールの靴で、ローテションを組むことも楽しそうです。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

ショーンハイトの工場直販サイトです

 

ビルケンシュトック ミラノ

 これからの季節、僕のオフの日の主役はビルケンのサンダル「ミラノ」

かかともストラップで固定でき、しっかりした履き心地がお気に入りの一足です。

f:id:blackbelt_h:20200510103206j:plain

 

 

ビルケンシュトックのサンダルといえば「アリゾナ」が一番人気かと思いますが、「アリゾナ」にかかとのストラップを追加したモデルが「ミラノ」になります。

 

 

 踵のストラップが追加されたことで脱げる心配がなく、しっかり歩けるのが魅力のミラノ。

甲だけでなく踵までストラップで調整が出来るので、足にしっかり合わせておけば、サンダルによくあるパカパカする感じがありません。

足全体をホールドするフィット感があり長時間歩いても疲れにくく、その気になれば走ることも出来るサンダルです。

 

ビルケンシュトックといえば特徴的なのがフットベット。

初めて履いた時は足裏マッサージをうけているように感じ、足の裏に痛みを感じたほどです。

f:id:blackbelt_h:20200510113617j:plain

足に馴染んだことで、足型が染みのようにライナーに付きました。

もう少し汚れたらロゴが見えなくなりそう、その時はスエードシャンプーで洗ってみようと思います。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

フットベッド(中敷)の生みの親

ビルケンシュトックは、お客様の生活をよりシンプルで美しくするための製品作りを心掛けています。その中心となるのは足のアーチを考慮した形状のフットベッドです。ビルケンシュトックはフットベッドの生みの親であり、そして今日使われる“フットベッド”(足のベッド)という言葉そのものを世に生み出したブランドです。フットベッドは他に類を見ない革新的な製品コンセプトであり、全く新しい市場への道を切り開きました。そして、フットベッドは我々が行うすべての活動の哲学とスタンダードでもあります。 現在、そして未来、世界中の人々にビルケンシュトックのフットベッドを。

引用元:https://www.birkenstock.com/jp

 

独特なフットベットの形状も慣れると常に足の裏が刺激をうけ、歩くことでマッサージされているような感じになりました。

厚みのあるコルクでクッション性も抜群、長時間歩いても疲れない理由の一つと思います。

f:id:blackbelt_h:20200510113726j:plain

 

ソールも独特な模様ですが、高いグリップで滑りにくいだけでなく、軽いことも疲れない理由の一つと思います。

かかとは少し減り始めていますが、かかとだけの部分補修も可能です。

f:id:blackbelt_h:20200510113826j:plain

 

ビルケンシュトックのフットウェアは、履きこむことでお客様の足にあわせてなじんでいきます。
「ご愛用いただくことで特別な一足になったフットウェアを、できるだけ長く履いていただきたい。」
その想いからベネクシー自社の修理工房を構えています。
お預かりしたお客様の大切なフットウェアは、専門の職人により一足一足、心を込めて修理いたします。

引用元:https://ec.benexy.com/brand/repair/

 

グッドイヤー製法などの革靴同様に、ビルケンシュトックのサンダルはオールソールなど修理が可能なことも、革靴好きは魅力と思います。

f:id:blackbelt_h:20200510111004j:plain

①オールソール交換 ②フットベット交換 ③ヒール部交換 ④スエードライナー交換(張替え) ⑤バックル交換

株式会社ベネクシー「 REPAIR ~修理について~」 より

 

痛んできる箇所を部分補修も可能ですが、「フットベッド交換」は、オールソールとライナー交換がセットになっていて、それぞれを修理するよりもお得になっています。

 

ビルケンシュトックのサンダルは、足に合ったサイズ選びをすることで、立体的なフットベットの履き心地を楽しむことが出来ると思います。

革靴と同じように、つま先(捨て寸)の余裕と、ヒールカップにかかとが収まるサイズを意識してサイズ選びをしました。

 

足長が約26㎝で足幅11.5㎝、足幅が広めの足に合わせて選んだサイズは、41(26.5㎝)のレギュラー幅(幅広)になります。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

通年オフに履いているスニーカー、同じサイズ感のスタンスミスと並べてみました。

f:id:blackbelt_h:20200510103554j:plain

 スタンスミス サイズUS9(27.0) ミラノ サイズ41(26.5)レギュラー幅

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

しっかりと足をサポートし正しい姿勢や歩き方が促される、ビルケンシュトックのサンダル。

これからの季節、ちょっとしたお出かけでも足から健康的になれそうです。

 

 

 

ソールが減ってきたチャッカブーツの修理、ハーフラバーを貼りました

雨の日に頼れる革靴「ショーンハイト」ダークブラウンのチャッカブーツ

豪雨の日でも、靴の中に水が染み込むこともなく快適に履くことが出来る革靴ですが、やはり雨に濡れるとアッパー(甲革)には負担が掛かり、銀浮きとか塩吹きが発生します。

でも濡れた後に手入れをすることで、新品の靴には無い光沢や風合いを感じるようになりました。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

雨の日に履くとアッパー(甲革)だけでなくソールにも負担が掛かりますが、ソールトニックなどを用いケアしているためか、靴底からも水が染み込むことはありませんでした。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

 でもどんなに手入れをしていても、履くことによりヒールやつま先、そしてソールは摩耗してしまいます。

そして物理的に薄くなったソールでは、防水効果が高いソールトニックを塗布していても、いずれ水が染み込むようになると思います。

f:id:blackbelt_h:20200429082427j:plain

 

少し早めにラバーソールにオールソールをすることも考えましたが、今回はまだソールに穴が空いていないため、コストが安く抑えられるハーフラバーでの補強とトップリフト交換を選択。

ショーンハイト(東立製靴)のオールソールはラバーソールで税込み10,230円と安価ですが、今回はその半分以下の修理代ですみました。

 

革の積上げまであと僅かとなったヒールは、ビブラム「エクスプロージョン」トップリフト(7㎜厚)に交換。

ラバーヒールのグリップ力は抜群で、濡れた駅のホームも滑ることなく安心して歩くことが出来ます。

f:id:blackbelt_h:20200429082215j:plain

 

薄くなったソールには、同じパターンのビブラム「エクスプロージョン」ハーフラバー(2㎜厚)を貼りました。

f:id:blackbelt_h:20200501195452j:plain

 

 生体力学を考慮したといわれるデザインは、同じシリーズのため統一感があります。

f:id:blackbelt_h:20200501195545j:plain

 

 元々はレザーソールの靴ですが、雨の日に意外と滑るダイナイトソールより安心して歩ける靴になりました。

耐摩耗性も高そうで、雨の日に数回履いただけではヒールもつま先も全然減らず(雨で濡れた路面だから減らないのかも?)履いたあとのケアも簡単になりメリットしか感じません。

 良く見かけるハーフラバーのデメリットに通気性が損なわれ、蒸れやすくなるがありますが、雨の日に履いているためか変化は感じられません。

またハーフラバーを貼ることで靴の返りが悪くなるとの情報もありますが、新品ではなくある程度履き込んだ靴に貼ったためか、やはり変化は感じられませんでした。

 

レザーソールの靴はラバーソールにはない履き心地が好きで履いているため、雨の日に履くつもりのない靴は、これからもハーフラバーを貼らずにそのまま履こうと思っています。

 でもある程度履いたレザーソールの靴を雨用にするとか、ソールが減ってきたがオールソールするほど費用をかけたくない時などには、ハーフラバーでの補強は有効と思いました。 

 

雨の日に履いて酷使しているチャッカブーツですが、これからも手入れをしながら履き続けたいと思います。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 
 

茶色も黒もこれ一本「クリームエッセンシャル」で革靴をお手入れ

革靴のケア(お手入れや靴磨き)は色々な方法がありますが、靴磨きには乳化性クリームを使い、茶靴には靴の色に合わせクリームを数色揃えるなど、革靴が好きな方は色々なこだわりを持ちながら楽しんでいると思います。

良く見かける(紹介されている)靴磨きは、クリーナーで汚れを落とし→靴の色に合わせた乳化性クリームを塗布→ブラッシングと乾拭きの手順が多いです。

僕も基本は同じようにケア(靴磨き)をしていますが、それが面倒と感じる時も。

今回は黒と茶の革靴を、一本でどんな色の革靴も汚れ落としから保革、若干のつや出しまで出来るクリームエッセンシャル(レザーローション)を使いお手入れ(靴磨き)をしました。

 

使った道具(グッズ)は左から、馬毛ブラシとクリームエッセンシャル、乾拭きにグローブクロス。あと画像にありませんがクリームエッセンシャルを塗る布(クロス)と水拭きに使い古しのハンドタオルを使っています。

f:id:blackbelt_h:20200426175322j:plain

 

 

 白のスタンスミスのケアにも使っています

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

 

手入れ(靴磨き)をした革靴は黒と茶の二足、プレーントゥは甲に飾りがなくシンプルなデザインのため、甲革の状態が良くも悪くも目立ちます。

f:id:blackbelt_h:20200426104512j:plain

REGAL 04MRCF プレーントゥ

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

 

f:id:blackbelt_h:20200426104619j:plain

シェットランドフォックス バーミンガム プレーントゥ

 

黒の04MRは小さいですが点々と水染みがあり少し革も乾燥気味です。

f:id:blackbelt_h:20200426105123j:plain

 

茶のバーミンガムは、履き皺あたりが白く色抜けし全体的に乾燥した感じです。

f:id:blackbelt_h:20200426105249j:plain

 

馬毛ブラシで時間にしたら一足30秒程かんたんにブラッシングし、まずは水拭きから。

水染みや汚れ落としの意味もありますが、アッパー(甲革)に水分を入れるつもりでじっくり丁寧に。

水染みのある04MRはこれだけで甲革がツルツル、滑らかに。

靴に乾燥した感じが無ければ、仕上げに乾拭きだけでも十分キレイになります。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

水拭きのあとは、クリームエッセンシャルを布に取り塗り込む感じで拭き、そのあと乾拭き。

馬毛ブラシで軽くブラッシングし馴染ませてから、グローブクロスで乾拭きで仕上げました。

お手入れ(磨き)の04MR、乳化性クリームを使った靴磨きと比べると、艶感は控えめで少し黒さも控えめな落ちついた仕上がりです。

f:id:blackbelt_h:20200426180105j:plain

水染みも消え、乾燥した感じの細かい皺もきれいに伸びています。

f:id:blackbelt_h:20200426180332j:plain

 

バーミンガムも、少し色が薄くなり艶も控えめな落ち着いた仕上がりです。

f:id:blackbelt_h:20200426180411j:plain

補色効果はないので皺部分の白っぽい感じはそのままですが、全体的に油分が入りしっとりした仕上がりです。

f:id:blackbelt_h:20200426180627j:plain

 

クリームエッセンシャルでもお手入れは、クリーナーと靴クリームを使うより短い時間で済み、複数の靴も楽に磨くことが出来ます。

 

ただ常にクリームエッセンシャルだけのお手入れでは、特に茶色の靴は長い目でみると色落ち(退色)が発生し、やはり色つきの乳化性クリームを使った補色は必要と思います。

 

普段はクリームエッセンシャル(レザーローション)でお手入れ、補色が必要になった時や、じっくりとお手入れをしたいときは乳化性クリームと使うなども使い分けも良いかもしれません。

 

サフィールのレザーローションもオススメです 

 
プライバシーポリシー