genuine style

genuine style

サラリーマン視点でビジネスファッションを学んでいます

「ショーンハイト」 プレーントゥ SH405ー4

二泊三日の出張に履いたショーンハイトのプレーントゥ。レザーソールとスエードアッパーの組合せは、連日履いても不快感が少なく疲れづらい靴。サンプルセールで購入した、お気に入りの一足を紹介します。

f:id:blackbelt_h:20191116131823j:plain

しっかりとした造りと、私の足と相性が良い木型がSH405。今持っているショーンハイトの靴は、全てこの木型のモデルとなります。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

アッパーのスエード、オーダー価格表には「英国 C.F.Stead社“Superbuck"」と記載があります。BROSENTさんのサイトに、この素材が紹介されています。

www.brosentshoes.com

 

  

f:id:blackbelt_h:20191116132858j:plain

ソールは滑り止めゴム付きのレザーソール。つま先は純正ではなく、靴修理店でゴム補強をしています。

 

ヒールはラバー仕様。現行商品はショーンハイトのロゴ入りですが、この靴はDISCOのロゴ入りとなっています。

f:id:blackbelt_h:20191116135154j:plain

つま先は摩耗しゴム補強しましたが、ヒールは摩耗しづらく、まだまだ修理は必要なさそうです。

 

もし同じものを今オーダーすると(価格は税抜き)

・SH405 ラウンドトゥ 外羽根 プレーントゥ 30,000円

・アッパー素材 英国 C.F.Stead社“Superbuck" 4,000円

ショーンハイト コンビネーションオーダー価格表

 

プレーントゥとスエード。どちらも魅力的なデザインと素材ですが、いざオーダーとなると中々選ぶことのない組合せかも。ジャケパンスタイルに合わせると、シックリくる靴に出会えたのも、サンプルセールの魅力と思います。

 

3日連続で履いた靴は、アッパーのスエードも埃っぽくなり、靴の中もじっとりとした湿気を感じるように。いつもは感じることのない、両足の親指小指あたりに痛みも感じるようになりました。

同じ靴を連日履くことで、素材(革)が湿り気を帯び柔軟性を失い、よくある革靴のイメージ「堅い靴」になってしまったようです。

f:id:blackbelt_h:20191116160104j:plain

同じ靴を連続で履かない、所謂ローテーションの必要性を、今回3日連続で同じ靴を履いたことで、あらためて感じました。

 

 

genuinestyle.hatenablog.com

  

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

そんな酷使した靴。週末のお手入れは、まずはブラッシングから。靴紐を外し念入りにブラシを掛けました。

f:id:blackbelt_h:20191116161858j:plain

今回はコバも埃っぽくなり、普段はあまり使わないコバ用ブラシを使用。こちらも念入りにブラッシングをしています。

f:id:blackbelt_h:20191116162132j:plain

使用頻度は少ないブラシですが1本50円程度、気軽に購入出来るアイテムと思います。

 

靴の内部も除菌ウエットシートで拭きクリーニング、デリケートクリームを薄く塗り、油分補給もしています。

f:id:blackbelt_h:20191116162559j:plain

f:id:blackbelt_h:20191116163006j:plain


ブラッシング後のスエードアッパーは、いつものスエードスプレーでやはり油分補給。乾燥後のブラッシングで、毛並みが整ったツヤのある仕上がりに戻りました。

f:id:blackbelt_h:20191116163223j:plain

 

genuinestyle.hatenablog.com

  

負担のかかったソールにも、ブラッシングと水拭きをし、ソールトニックで油分補給しています。

f:id:blackbelt_h:20191116163759j:plain

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

「ショーンハイト 」公式ストアでのパターンオーダー

メイドインJapan、ファクトリー直販の革靴「ショーンハイト」。レディーメードと呼ばれる既成靴も十分魅力的ですが、公式サイトからのパターンオーダーで、自分だけの一足が作れるお気に入りのブランドです。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

現在ショーンハイトの公式ストアでは、三種類の木型が選べるレディーメード(既製品)のラインナップがあり、レザーソール21種類、ラバーソール20種類が選ぶことが可能となっています。

ラバーソールが18,700円、レザーソールでも22,000円。お手頃な価格で造りの良いグッドイヤー製法の革靴と思います。

 

今回紹介するパターンオーダーは、ビジネスシリーズが28,600円~、ドレスシリーズは33,000円から。パターンオーダーではありますが、ドレスシリーズは木型が三種類あり、組合せ次第で自分だけの個性的な一足を、創ることが可能です。

 

ショーンハイトのパターンオーダーの靴が紹介されています

www.facebook.com

 

ドレスシリーズの木型三種類のうち、レディーメード(既製品)でも購入可能な、ブリティッシュトラッドSH111と、ロングノーズSH416。カタチや見た目は違うが靴の全長は同じくらい。

両方のストレートチップを履いた経験では、REGAL 01DRと同じサイズ感で良いと思います。

 

三種類の木型の中で、パターンオーダーのみ設定のラウンドトゥSH405。 この木型のみサイズ感がハーフサイズ小さく、実際にSH111や416、REGAL DRシリーズと並べると、明らかに靴の全長が短い木型となっています。

f:id:blackbelt_h:20191109153857j:plain

左:REGAL 04MRCF 右:SH405ー4 サイズは共に26

 

f:id:blackbelt_h:20191109154220j:plain

左:REGAL 01DRCD サイズ26 右:SH405ー7 サイズ26.5

 

柏の本社工場や浅草のオーダーサロン、または全国の百貨店で開かれるオーダー会で試着出来ればベストですが、公式ストアで注文する際の参考になればと思います。

 

選べる基本デザインは、内羽根・外羽根・モンクストラップが三種類の木型で選択可能。チャッカブーツやスリッポンは、一部の木型で選ぶことが出来ます。

内羽根ならストレートチップやパンチドキャップトゥ、ホールカットも選択可能。外羽根ならプレーントゥとUチップ、モンクストラップならシングルとダブルなど選ぶことが出来ます。

 

デザインが決まったら、次はアッパー(革)の選択。公式ストアでは基本キップのみで三色(黒・ダークブラウン・ライトブラウン)から選ぶことが可能です。

靴底(ソール)はレザーソール二種類、ラバーソールの三種類から選択。レザーソールを選んだ場合はヒールも革積上げ・ラバーの二種類が選択出来ます。

 

公式ストアでダブルモンクを実際にオーダーした時は、木型:ラウンドトゥSH405、アッパー:ダークブラウン、ソール:革底、ヒール:革積上げを選択。 

f:id:blackbelt_h:20191110091736j:plain

f:id:blackbelt_h:20191110091755j:plain

一つ裏技?を紹介。つま先のラバー補強、これはオプションでオーダーが可能です。注文画面の【ストアへのご要望】欄に「つま先のラバー補強を希望」と記入すれば、ショップより追加金額のお知らせメールが届きます。

このときは注文から約2ヶ月で商品が届きました。

2019年10月価格改定前の注文(消費税8%時)

f:id:blackbelt_h:20191109171115j:plain

 ショーンハイト コンビネーションオーダー価格表

 

以下の画像は新品時ではありませんが 、ストアの商品画像にはないドッグテールのヒール背面。

f:id:blackbelt_h:20191109171753j:plain

 

ストラップのバックルは、ゴムではなく革で固定されています。ゴールドのバックルも選択が可能なようです。

f:id:blackbelt_h:20191109172721j:plain

 

このときは選びませんでしたが、ライニングの色も変更が可能です。

f:id:blackbelt_h:20191109173603j:plain

 

公式ストアの選択メニューにはありませんが、デザインをフルブローグに変更や、アッパーもスエードを選ぶなど、裏メニュー?が楽しいショーンハイトのパターンオーダー。

出来上がった靴は丁寧な造り、大切に履き込んで行きたいと思わせる逸品です。

 

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

「ショーンハイト」の工場直販サイトです  

 

10月最後の1週間「革靴5足ローテション」

クールビズも終わりとなった10月下旬、気温も下がりシャツだけでは肌寒く、ジャケパンスタイルでの通勤となりました。そんな10月最後の1週間にローテーションで履いた革靴と、週末に行った革靴の手入れ&靴磨きを紹介します。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

左上から時計周りに

・月曜日「ショーンハイト SH405ー7」ダブルモンク

・火曜日「BARKER BURFORD」内羽根パンチドキャップトゥ

・水曜日「42ND ROYAL HIGLAND CH4302-11」外羽根パンチドキャップトゥ

・木曜日「レイマー RM106V」ダブルモンク

・金曜日「REGAL 04MRCF」プレーントゥ

f:id:blackbelt_h:20191102125316j:plain

週の前半は今までのクールビズ期間と同様に茶靴で、週の後半は久しぶりに着用したネクタイに合わせ、黒靴を選びました。それぞれ、週末に行ったお手入れを交え紹介をしていきます。

 

「レイマー RM106V」ダブルモンク「42ND ROYAL HIGLAND CH4302-11」外羽根パンチドキャップトゥ

f:id:blackbelt_h:20191102125349j:plain

ブラッシングと乾拭きだで十分キレイになった二足。レイマーダブルモンクは馴染みも進み、履きやすい靴になってきました。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

「BARKER BURFORD」内羽根パンチドキャップトゥ

明るい色合いがクールビズに合うお気に入りですが、スーツスタイルには色味が明るすぎのため、衣替えならぬ靴替えの対象です。しばらく履かないため、汚れ落としと保湿のため、アニリンカーフクリームを使い手入れしました。

f:id:blackbelt_h:20191102125450j:plain

まずは汚れ落としのための水拭きをしますが、水染みが出来た甲の両側。ダイナイトソールなのに雨で履くことをためらうデリケートな?革です。

f:id:blackbelt_h:20191102125614j:plain

つま先のワックスはハイシャインクリーナーで、全体をアニリンカーフクリームで拭き上げ。布に付いた左側の濃い色がワックス、右側の薄い色がクリーム。

靴に付属していた不織布の靴袋に入れ、靴凾に入れ来年の春まで保管します。

アニリンカーフクリームは汚れ落としと保革が出来き、革小物にも使えるオールマイティなクリームです。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

「ショーンハイト SH405ー7」ダブルモンク

一カ月前に磨いてから5回ほど履いたショーンハイトは、カカト側面に擦れ痕(キズ)が目立ちます。

f:id:blackbelt_h:20191102125813j:plain

 擦れ跡(キズ)を中心に、布に付けたミディアムブラウンのクリームで拭き上げ。ブラッシングと乾拭きで仕上げました。

f:id:blackbelt_h:20191102130002j:plain

クリームで補色された靴全体の色が濃くなり、擦れ痕(キズ)は完全には消えませんが、目立たなくなりました。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 「REGAL 04MRCF」プレーントゥ

ストレートチップ「01DRCD」と同じ木型で、アネノイカーフ、レザーソールのプレーントゥ。

ノーネクタイのクールビズスタイルに合わせるには、足元が固くなる印象で半年ほど履きませんでした。

たまに埃落としのブラッシングと、乾拭きはしていましたが、久しぶりに履いたあとは、なんとなくやつれた姿に。

f:id:blackbelt_h:20191102130124j:plain

帰宅後のルーティン、ブラッシングをした後ですが、全体が白っぽく締まりのない黒になっています。

f:id:blackbelt_h:20191102130218j:plain

カカト側面やつま先側面にも、擦れ跡が目立ちます。

f:id:blackbelt_h:20191102130300j:plain

f:id:blackbelt_h:20191102130338j:plain

半年間のノーメンテナンスをリセットするため、つま先のワックスはハイシャインクリーナー、全体をステインリムーバーでクリーニングしました。

f:id:blackbelt_h:20191102130417j:plain

布左端の濃い色はハイシャインクリーナーで落ちたワックス、薄い色はステインリムーバーで落ちたクリーム。

f:id:blackbelt_h:20191102130619j:plain

薄くデリケートクリームを塗り保湿し、黒の乳化性クリームを薄塗り。ブラッシングと乾拭き、最後に山羊毛ブラシでブラッシング。画像では判りづらいですが、黒が引き締まった仕上がりになりました。

 

いよいよ11月。ネクタイを絞めたビジネスファションに合わせ、黒靴を履いたビジネスマンか多くなる季節。白シャツと合わせスーツスタイルを極めてみませんか。

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

 レザーソールの履き心地も魅力です

リニューアルしたレインシリーズも人気です

 

「ショーンハイト」の工場直販サイトです

 

雨に濡れた「チャッカブーツ」のお手入れ part 2

以前も紹介した雨に濡れた「ショーンハイト」チャッカブーツのお手入れ。雨の日に頼りになる革靴ですが、また豪雨の日に履いたので、今回もお手入れを紹介します。

今回は、前回の記事で紹介をしなかった、アッパーの革に防水スプレーを使用した手入れと、ソール(レザーソール)の手入れも紹介しています。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

豪雨の中で履いた翌朝の状態です。一晩乾燥させてからブラッシングした後ですが、アッパーの革にはツヤがなく、ソール(レザーソール)はまだ半乾きで黒ずんでいます。

f:id:blackbelt_h:20191026151243j:plain

甲の両サイドは、前回の豪雨で履いた後には発生しなかった、ブラッシングでは取れない白いシミのようなもの。いわゆる「塩ふき」「塩うき」が生じており、ソールにも黒ずみ汚れだけなく、同じように白いシミが浮き出ています。

f:id:blackbelt_h:20191026151815j:plain

f:id:blackbelt_h:20191026151850j:plain

f:id:blackbelt_h:20191026152542j:plain

 

まずは基本の水拭きで、靴のアッパーだけでなく、ソールも汚れを落としていきます。水拭き後は、アッパーの白いシミがキレイにとれました。ソールも黒ずみがとれ、革の地肌の色が見えるようになりました。

f:id:blackbelt_h:20191026153420j:plain

f:id:blackbelt_h:20191026153447j:plain

 

水拭きだけで汚れは落ちたので、リムーバーなどの使用はしません。あとは乾拭きだけでも、十分キレイな靴になると思います。但し今回も、かなりの量の雨で履いたので、革の油分補給のために、乳化性クリームを使い軽く磨いていきます。

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

ところで雨の日に何故レザーソールを?と思う方もおられると思います。それはあるものでソールの手入れを行っているため、レザーソールでも雨水が染み込まないのです。

f:id:blackbelt_h:20191026155445j:plain

それがこちら。コロニルの「ウォーターストップ」と「ソールトニック」。両製品共に主成分「フッ化炭素樹脂」が防水性を与えてくれ、雨でも安心して履くことが出来るのです。

まずはソールのお手入れから。水拭き後さらに乾燥させたソールに、ソールトニックを塗布します。塗布後は水分を含みまたソールが黒くなりますが、乾燥させれば元の色に戻ります。

f:id:blackbelt_h:20191026160347j:plain

f:id:blackbelt_h:20191026162011j:plain

10分程乾燥させた後。防水だけでなく、油脂が革のヒビ割れも防ぐ効果があります。ソールの手入れはこれで完了、塗るだけのお手軽ケアが可能です。

 

アッパーの革も、今回はウォーターストップを使いますが、ウォーターストップは汚れ落とし後、乳化性クリームなどで磨く前に使用しています。

その理由は缶の説明書きに『クリーニング以外のお手入れを同時に行う際は、本製品を最初にお使い下さい。』とあり、クリーム等を塗布した後では、主成分の「フッ化炭素樹脂」が革に浸透しづらくなるためと理解しています。

 

ウォーターストップを吹いたあとはいつもと同じ手順。乳化性クリームをペネトレイトブラシで塗布、豚毛ブラシでブラッシングし布で拭き上げ。仕上げにグローブクロスで乾拭きです。

f:id:blackbelt_h:20191026162350j:plain

ウォーターストップの乾燥に5分ほど時間を掛けましたが、水拭きからソールトニック塗布、そしてクリームの拭き上げまで、掛かった時間はトータル20分程度。また豪雨でも安心して履ける革靴の完成です。

普段の手入れは、ブラッシングと水拭き乾拭きで十分と思いますが、雨の後などは防水スプレーやクリームを使ったケア&靴磨きをオススメします。

 

鞄などの革製品にも安心して使っています 

 

「レイマー」ダブルモンク、購入後2ヶ月の靴磨き

8月に購入した「レイマー」のダブルモンクも、購入から2ヶ月が経過しました。クールビズ期間に黒靴を履く機会が少なく、2ヶ月間で履いた回数は5回ほど。

手持ちの靴は、10回ほど履いたら(週1回で2ヶ月程度)クリームを使った靴磨きをしていますが、レイマー「ダブルモンク」は少しタイト気味のフィット感のため、革を柔らかくする効果も期待して、クリームを使った靴磨きを行いました。

 

genuinestyle.hatenablog.com

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

f:id:blackbelt_h:20191019141358j:plain

まずは靴の内側から。5回ほど履いたインナーは除菌ウエットシートで拭いたあと、少しきつめに感じる履き口や甲の内側にデリケートクリームで保湿。履き皺の下あたりを重点的に塗っています。

 

f:id:blackbelt_h:20191019143706j:plain

シワを伸ばす目的で、磨く時はバネ式のシューツリーを使っています。軽くワックスを塗っているつま先は、ハイシャインクリーナーを使用。ワックスを落としたあとは、サフィールのレノマットクリーナーで全体の汚れ落とします。

 

f:id:blackbelt_h:20191019144444j:plain

画像の左側、右足だけレノマットリムーバーで拭き上げ後の比較。汚れやクリームが落ち、全体的にツヤが無くマッドな感じになっています。

 

f:id:blackbelt_h:20191019144743j:plain

両足分の拭き上げに使った布の比較。下がハイシャインクリーナーでつま先のワックスを、上がレノマットリムーバーで全体を拭き取った布。

ハイシャインクリーナーの、ワックスを落とす効果が高いことが判ります。レノマットリムーバーは、使用後15分ほど乾燥時間を空ける必要があります。

 

f:id:blackbelt_h:20191019145544j:plain

レノマットリムーバーが乾燥したら、保湿目的で薄くデリケートクリームを全体に塗り、ブラッシングでなじませます。蝋分の少ないデリケートクリームでも、十分ツヤがありキレイな靴に見えます。

 

f:id:blackbelt_h:20191019150100j:plain

黒の乳化性クリームを、これも薄く全体に塗布。全体的にツヤが無い状態になったら、乾燥時間は空けずにブラッシングでクリームをなじませ、布で拭き上げをします。

 

f:id:blackbelt_h:20191019150441j:plain

布で拭き上げ後。布に付いたクリームはごく僅か、薄塗りをしていることが判ると思います。

 

f:id:blackbelt_h:20191019150725j:plain

グローブクロスを使いさらに乾拭き。少量のクリームで十分ツヤがあるキレイな靴になりました。つま先はもう少しツヤがある方が好みのため、ワックスでさらに磨いていきます。

 

f:id:blackbelt_h:20191019151128j:plain

ワックスを薄塗り(一層)した状態。つま先はまた曇った表情になりますが、ここから水で湿らせた布で磨いていきます。

 

f:id:blackbelt_h:20191019152957j:plain

両方合わせ5分ほどで、ツヤのあるつま先になりました。革のキメが判る範囲の光沢感、鏡面にはしていません。

 

f:id:blackbelt_h:20191019153248j:plain

仕上げに山羊毛ブラシでブラッシング、全体的にツヤが増しているのが判ると思います。今回はレノマットリムーバーの乾燥に15分開けたので、掛かった時間は両足で45分ほど。

 

気温も下がった10月下旬。ビジネスファションはスーツスタイルが増え、黒靴を合わせる機会が増えてきました。足馴染みも進み、ビブラムソールで雨に強い靴。これから履く回数も増えると思います。

 

 

genuinestyle.hatenablog.com

 

 

仕上げに山羊毛ブラシでブラッシングがオススメです 

 
プライバシーポリシー